これで、本との振り返りは、終わりにします(

というか、見えない人との振り返りだったような。

一生懸命、導いてくれたことを、書き留めたかった。

それがしたかったのかも知れないです。

大切な思い出だから。