ZS1564縄担ぎ

それに、A点でロープの端をしっかり結わえつけ、グルグルに6回ほど巻く。最後はB点でまたしっかり結わえ、止める。

そして、担ぎ棒を6本入れ、左右ペアで担ぐ、この図だと、12名で担ぐ事になる。

この方式は、12名に、均等に重力がかかる。一人百キロ近くだが、昔の人ならそれくらいは担げるであろう。

50センチほど浮かせて、声をかけ、右、左、と全員同時に、移動すれば、1トンの物体が、12人で十分運べる。

勿論、ペアを組むのは、背丈の近い人、低い人同士、場合によっては、ロープをもう1回巻きつける。